2008年8月11日 (月)

LOW-BAND DXing

Lowbando1 予てから計画していたLOW-BAND対策用のチューナーが出来上がりました。 バリLと11個のリレーを使い秋からのLOW-BAND DXing に参戦です。

このチューナーをタワー・トップに上げてシャックからコントロールします。

心配なのは この設備で1KWがコントロールできるかどうかです。 下手をするとタワー炎上・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

祝 3.8MHz帯等 拡大!

 昨日ようやく、官報で告示され3.5 3.8MHz帯の拡大が即日施行されました。 これにより特に3.8MHzにおけるDX通信時のコンテスト時の混乱が緩和されると思われる。 JARLWEBより

限りある電波という資源を有効に利用し節度を持った運用が求められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

3.8MHz拡大 4月スタートか!?

JARLのトピックスによると、3.8MHz帯の拡大案のパブコメと電波監理審議会(会長:羽鳥 光俊 中央大学理工学部教授)の諮問が終了し原案通り通過したようです。 総務省は速やかに交付・施行とあります。

私はこの冬は早起きして80 75 40mとオンエアしてましたが、現在の3805-3791 でのコンテスト時には数局がCQを出すと満杯! 確信的オフバンドのCQまで現れ、細々CQなど出せる隙間はありません。今回の割り当ては使いにくいさが有りますね、本当に欲しい周波数は3805~3760ぐらいですから,3791から50KHzも拡大していただけば誰も文句言わないと思いますが・・・・。

そう、他のプロの周波数等の摺り合わせの問題かな! JARL・総務省に感謝すると供にさらなる努力をお願いしたいですね。

年間500円の使用料で使わせて貰えるのですから、十分に有効利用しなければもったいないですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

FUN to LOW-BAND DXing

Oh21 11月から早起きをしてLOWBANDにONAIRしており、LOWBANDの面白さと切なさを感じております。

LOWBAND の面白さ!
面白さは相手が聞こえればなんとかQSOにこぎ着けられることです。
ハイバンドに較べると圧倒的にパイルアップが小さいのが一番の原因と思います。
160m・75m・80mとスローパーを使用しておりますが、75m・80mは思った以上に飛びます。 75mはJAののBIGGUNの皆さんに助けられたり、間を潜り抜けたりしながらDXQSOをしております。
もう一つ面白い点ですが、QSO相手のQRZ.COMのページを見ながらQSOをするようになりました。
ハム歴・設備・またQSLの画像などを載せています。
設備もONAIR以上に詳細に書いている方もありますし顔の画像もあり、楽しさ倍増です。

又紹介された画像でビックリさせられるのは、広い牧場のような場所に設置された4スクエアー・アンテナ等のすばらしいアンテナです。

LOWBANDの切なさ!
ほんとうに切ないのが、相手が聞こえない時です。
160mはこれが顕著ですね、皆さんがドンドン呼んでいるのに、私はノイズ・又ノイズの世界です。
メーカー製のアンテナを買ってきて、タワーに上げ、リニアをつないでソレ! とできないのが160m。
LOWBANDの神様と言われるON4UN氏は1998年にCQ誌に寄稿した「ハイレベルなDXの魅力」の中で「アマチュア無線は技術的な趣味」と書いております。 逆に言うと「通信士では長持ちしない趣味」と言えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

160mへの参戦 3B7C

Jiji1  9日まで香港・バンコク出張しておりました。 3B7C  9日1723Zから160m CW 、数分後 80mCW をゲット。

3B7C hp

このログサーチすごいですね Best 100 のランキングがでてます。 現在 No,1 DL7CM 16QSO !

張り替えた160m用スローパーアンテナの初成果でした。

160m用の受信アンテナの効果ですが、スローパーのみの方が良く聞こえました。 ログサーチに反映してませんが、現在 TOTAL 7 QSO です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

160mへの参戦

P1010183  この5月にFEDXP との合同ミーティングでアクティブなメンバーさんに強い刺激をうけました。

そのメンバーのJA1HGYさんは都心・赤坂から160mのDXを楽しんでいらっしゃいます。以前からファイリングしてあったCQ誌の記事「160m (1.8MHz )帯 受信専用 スモール・ループ・アンテナ 」に興味があり製作いたしました。 全く同じでは芸がないので一辺を2.4mとオリジナルより20%大きく製作しました。

塩ビパイプ数本とワイヤー・スペーサー用アクリルパイプを用意して1日で製作しました。 このようなアンテナを製作するのに必要なのがMFJ SWRアナライザー です。 1820KHzでSWRは1.2に調整そしてローテータ付きのポールに取り付けて受信しました。リグのFT-1021Xの設定を変更しBPFをパスしパネルのSWでスローパーとの切り替えができるようにしました。残念ながら夏季でバンドがオープンしないのでDXシグナルでの確認ができませんでしたが、回転させることによりノイズのヌル点があったので設計どうりと思います。 36/26の160m DXCCですが参戦したいと思います。P1010029

*

*

*

*

*

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

4W6AAV 東チモール 3.8MHz

4w 4W6AAV のペディションが終了したようです。

昨晩、7MHzでワッチしていたら9V1か9M2が、3.8MHzをリクエストで 「QSY 3799 」とアナウンス。 私もすかさずQSYしたのですが、ジャミングの嵐がS-9 ・・・・。シグナルの有無は確認できるのですが呼べるほどではありませんでした。 暫くワッチしたのですがJA0-DX-GANG の総会の心地よい疲れで無線機の前でつい ウトウト。

つけっぱなしのRIGからJA5AQCさん(たぶん!)の4W6AAVとのQSOが聞こえて目覚めたのが、2014Z 。 半分寝たままQSOでした。 うたた寝は体に悪いのですが 3.8MHzが一つ増えました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)