2018年7月30日 (月)

LOGGER32 不具合

 久々のLogソフトのLOGGER32の話。
28日に6m A41ATとQSO後、LoTWにUPしようと思って操作。
ところが前日のUW7LLはUPできたのがA41ATがUPできず。

このQSOをJA0CRIのDATAでないと判断するようです。
TESTで適当なQSOのDATAをつくりUPするが、これも同じ・・・。

27日とA41ATの間にはバージョンアップがあったのでもしやとバージョンダウンをしても
やはり、不調。

QSO-DATAをUSBメモリーに登録し
数か月前にCOPYしてあった LOGGER32 のフォルダーを上書きすると無事動作開始。

 どこで行き違ったのか良く解からないが 結果良し!


後記
 フォルダーごとバックアップを取り、バージョンアップを施すと、問題無く動作開始。
めでたし めでたし。

最新フォルダーも保存。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

Windws 初期設定で使うな!

1
小諸図書館へ週2~3回ほど通っております、当地は東御市、小諸市は私が平成元年まで居住していた場所。
すごく居心地が良いし蔵書も揃っている。 そこの月刊誌であったのが 「 日経PC21 」 記事が約にたつと思い購入、新刊は借りられない。
この手の記事は以前にひどい目にあったことがあった、つまり状況がなお悪くなり戻すのに難儀したのです。
そこでSUB-PCで実験しながら採用したのがPC起動時画面での「 パスワード入力回避 」とディスクトップに「 シャットダウン用のショートカット作成 」 この2つが大当たりでした。

まず、PC起動時のパスワード入力は面倒、これを採用すると思わぬ福作用が表れた。
起動時にスタートアップにLOGGER32 HDSDR CWSKIMMER を登録してあるのですがLOGGER32が起動してもクラスター用Telenetが無線LANとの兼ね合いでしょうか接続エラーをしており手動での接続作業が解消。

MAIL用PCもメーラーとサーバーとの具合が悪かったのですが、こちらも解消。

一石二鳥でした。

そしてショーカットをダブルクリックで即てシャットダウン!

 日経PC21 2018 3月号おすすめです。


2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

CW KeyPAD for Logger32

1


2

ブーベ島チームは荒い天候で船酔いがひどいようです、久木田さん大丈夫でしょうか?

そのブーベをCALLすることに疲れないようにKeyPADを製作しました。
CWはLogger32のCW Machineをマウスで操作しておりますが、時々クリック場所をミスします。

CW Machineはキーボードのファンクションキーで操作ができます。 しかしながらキーはキーボードの奥にあり操作性は悪いです。

そこで専用KeyPADを製作しました、不要なUSBキーボードをばらしてマトリックスを解明し3個だけプッシュスイッチに振り分け、ケーシングしました。

これで長いパイルも疲れずに運用できます。
まあ、こんなもの使わずにすぐにCALL-BACKあれば良いのですが・・・・・・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

LOGGER32 ネタ (2) WSJT-X 対応

Fg

Logger32が話題のFT8 対応でWSJT-Xと見事にLINKしました。
これでBAND-NEW も MODE-NEWも一目瞭然。
今まではWSJT-Xの画面を常に注視していないといけませんでした。 これでながらQSOもできます。
手打ちでLOG入力しましたがこれで万全。

 まだLogger32を使っていない皆さんに、Logger32はDX'erのことを十分理解してくれている
素晴らしいロギング・ソフトです、おすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

LOGGER32 ネタ

Dd_2

久々にlogger32のJA Help のお世話になりました。
CWSKIMMERをFTDX5000MPのIF出力をSDRに入れてHD-SDR経由でCWSKIMMERを使用しております。
そこで問題はCWSKIMMERのダイヤル表示です、受信周波数はRIGかLogger32のRadio-contlorを見ればわかりますがスプリット周波数を暗算で計算しなければいけません。 通常は計算もすぐにでき対応できるのですがパイルアップがおおきくなってくると、焦りもあり計算できないか、計算を間違えることが起きてしまいます。

そこで、VFO-AとVFO-Bとの差が表示できないか? とLogger32のHelpを探しました。
すると、BAND-MAPにその表示ができる設定を発見!
( 画像はBAND MODE VFO-AとVFO-Bとの差です。 )
これでSPLITの作業の精度があがります、ばんざいです。

それにしてもLogger32の素晴らしさ、恐ろしさでもあります。 多い時にはひと月で数回のバージョン・アップが行われユーザーの希望を叶えてくれます。

K4CY Bob. Logger32の作者とJAサポーターのJA1NLX に感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

Logger32のバージョンアップ

Hh1

Logger32のバージョンアップは日々続きます。

画像右上のコールサインはターゲット局のコールサイン。

緑色のポイントがターゲットの位置です。

ローテーター・コントロール画面で方向は1本の線だったのですが、今回扇形のビーム方向がつきました。

Logger32はどこまで進化するんでしょうか!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

LOGGER32 スクリーンショット

1
LOGGER32は最近、毎日のようにバージョンアップがされる。 最近増えたのがBAND-MAP でMAIN+10個の窓が広がる、オールバンダーの私にはとても便利です。
LOGGER32はどこまで進化するのでしょうか、他のアプリはもう追いつけ無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

PC入替メモ ( TQSL ver2.0.1)

 LOGGER32の引越しは無事完了してホットしました。

が、嫌なのが残っていました TQSLです。
TQSLはARRL LoTWのサイトにLOG-DATAを送るアプリケーションです。
以前のTQSLのバージョンの時にPC to PCの引越しに失敗しひどい目にあったのです。
できれば触りたく無いアプリケーションなんですが  今日は仕方なく取り組みました。

まずは元PCにTQSLのニューバージョン2.0.1 をインストール、これは古いTQSLを勝手にアンインストールしてくれます。 もちろん必要なファイルは残るアップグレード式です。
私は無事インストールでき動作も確認。

新PCに送るパーソナルDATAを抽出
 FILE→Backup Location, Certificates, and..... で tqslcongig.tbk をUSBメモリーに登録。
(以前のtq6 tq12 等の自局の情報が入る)

その後新PCにTQSLをインストールしましす、この状態ですと何の自局情報も入らない状態です。

FILE→Restore Station Location,, Certificates, and.....  USBメモリーからを読み取ると
元PCと同一のTQSLが新PCで動作します、これでPCから簡単にLOG-DATAを送ることが可能となりました。

DATAを送信するのもLOTWのHPを開かずに即送信。 便利になりました、以前の失敗で大変苦労して触りたく無かった
アプリケーションですがUPできてほっとしております。

参考にさせていただいたHP
http://www.bekkoame.ne.jp/~m.mats/TQSL_V2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの入替 メモ

 DELL OPTIPLEX7451を使っていましたが DELL T1500に入替を終了。

I一番のLOGGER32は 2つのZIPファイルの最新版を製作しUSBメモリーでDATA移動します。

まずはツールバーのZipdata & Logbook Zip user File でバックアップ
LOGGER32のフォルダーからUSBメモリーに最新のファイル(日付けに注意)をコピーする。

新PCはHPから最新アプリケーションをインストールする。
USBメモリーの2つのZIPファイルを解凍し新PCのLOGGER32フォルダーに貼り付ける。
これでLOGGER32の環境が移る。
あとはCWキーヤーとMMTTYのCOM設定をPCに合わせて終了。

私のメモ的書き込みです、責任は負いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

logger32   RADIO CONTROL PANEL

1_2

LOGGER32のRADIO CONTROL PANEL を試してみました。
クリックでSPLIT 1~5 ルーフイング・フイルタも切り替わります。
CATコマンドを登録します、FT-DX5000用CATコマンドを取扱説明書で探したのですが有りません。
WEBで検索するとhttp://www.logger32.net/help/Logger32/radio%20control%20panel.htm

YAESU.COM からCATコマンド集をダウンロードします。

それでボタンにCATコマンドを登録すれば クリック1発でRIG CONTROLが可能、もちろんスプリットOKです!

FT-DX5000での例

SPLIT UP1KHz
$command AB;$;$command FT3; $command FB#split 01#;$

SPLIT 解除
$command FT2;$

CW MODE
$command MD03;$

R.FIL 300Hz
$command RF05;$

| | コメント (0) | トラックバック (0)