2016年4月 6日 (水)

インストール・メモ (2)

HDSDR
(F5)Sound Card
RXinput マイク Rxoutput Ymaha NETDUETTO (事前にYamaha NETDUETTOをインストールすること)
(F6)
INPUT 2400000 OUTPUT 48000
(F7)OPTIONS
Select Input Realtek MME(16bit) Driver
Input Channel Mode for RX I(left)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インストール・メモ

fot PC DELL T1500
Logger32
1. HPからフルバージョンをインストール、即アップグレードも実施。
2. 現用PCのLogger32フォルダーから***.INI 拡張子INI のついたファイルをUSBメモリーに抽出。
  Logger32フォルダーに張り付ける。 この作業でLogger32の設定情報が移り画面配置も様々な設定も現用と同じになる。
3. カントリーデーターベースをダウンロードする。
4. ログをインポート。
5. データベースのメンテナンスからリカルクを実施。
これで作業終了。

TQSL
1. TQSLをHPからインストール。
2. Callsign Certificatesから Load a Callsign Certificateより 保存してあったJA0CRI.p12を読み込む。
3. Station Locationnsからcreate a new Station Location を書き込む。
これで動作開始。

HDSDR
1. HDSDRをインストール。
2. ドングルをUSB端子に挿入。
3. Zadigをインストール、Option ~リストオールデバイス~RTL2823UHIDIR (又はbulk-In Interface0)を選びインストール。

ここでHDSDRを動作させると ExcIo-RTL.dll をHDSDRフォルダーに張り付けるよう指示がでた。
4. 現用PCのHDSDRフォルダーからExcIo-RTL.dll をコピーしてHDSDRフォルダーに張り付ける。
これでドングルを認識し、HDSDRの画面の ExTIO をクリックすると RTL RTLSetingsが立ち上がる。

この後様々な設定をする。


CWSKIMMER
1. インストール
2.  メモから各種設定


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古PCを入手

 
Displayportrid
画像はウイキペディアから引用

  無線用PCはDELL T1500 (CPU i5)を2年ほど前から使用しております。
T1500はWORKSTATIONとして販売されリースアウトが最近大量に出回り再生PCが1万円ほどで入手できる。
DELL OPTIPLEX745を使用している居間用PCがくたびれてきて、特に夏場はFUNがうるさく次期PCを狙っていました。 これは買いだと1台入手。 i5 250GB メモリ8GB とGOODスペック。 

ところが届いた本体を見てビックリポン!
画像出力がなんだこりゃ!   ディスプレポートという新しい規格のようだが手持ちのディスプレーはどれも適応していない。 WEB検索でアダプタをアマゾンで見つけ入手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

WINDOWS7へ 回復

  結局、ダメでWINDOWS7に戻しましたが、その 回復も問題あり

WINDOWS10 からの回復。
容易にアップグレードできると思い実験したのが、様々な問題点が出て挫折。
ついに「回復」でWINDOWS7に戻すことになりました。
設定→更新とセキュリティ→回復  アプリが「再インストールが必要になる場合がある」とINFOがあり
「回復」が開始され20分ほどでWINDOWS7にもどりました。

が、画面をトリプルで動かしてあるのですが動作しません、これは単純な「回復」ではありませんネ。
私のように、様々な機器を繋げて複雑に構築してるPCの安易な「単純なバージョンアップと回復」は
避けたほうが良さそうです。

コピーしてあったHDD(WINDOWS7)をPCに挿し通常動作、1日遊ばせてもらいましたが 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WINDWS10への移行の中止

  様々TESTしたが、CWSKIMMER  の YAMAHAYamaha NETDUETTO Driver が動作しないので
WINDWS10への移行は中止しました。
XPから、やっと慣れたWINDWS7を今後も使って行くことに決定。

うむ? LOGGER32の自動バージョンアップがWINDOWS7でも出来ない、 JA1NLXさんのBLOGで解決。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

WINDWS10への移行(2)

 WINDWS10での HDSDRはドライバーの再インストールで動作。
今度はCWSKIMMERが動かない。
Signal I/O の Yamaha NETDUETTO Driver が未対応か?

WINDWS10が動作したHDはそのままで、BACKUP用HDで従来のWINDOWS7を動かそう。
2020年がWINDOWS7の期限なので、それまでに・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WINDOWS10への移行

  無線用PCのWINDOWS10への移行を試行。
LOGGER32も動作し99%うまくいったのですが、SDRが動かない・・・・・・。
これでは、通常使用できない。

クローンHDで作業したのでCOPY-HDに交換しWINDWS7に再び戻した。

時間を見つけてドライバーを入れなおして見るが無ければWINDOWS7で続行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

クローンHD

1


無線用PCはDELLWorkstation, T1500 ( WINDWS7 PRO 64bit ) 中古を入手し使っております。
今までPCのクラッシュでひどい目にあっているので時々HDを丸々COPYして不慮の事態に備えております。

バックアップはHDを用意しクローンHDを作り数ヶ月に一度更新します。
COPYソフトはウルトラドライブコピーを使っておりました。
元々のソフト会社がSOFTBANKに変わってしまい 付属のCD-ROMではインストールが出来なくなっておりました。  そこで以前から動作している他のPCのSBSフォルダーをCOPYし無線用T1500でも動作しておりました。
ところが昨日バックアップを試みるとCOPYができなくなりました。

そこでソフトを諦め仕方なく購入したのがこのCOPY機 なんと三千円台で買えます。
2個のHDをセットし SWを入れるだけです、ただPCからHDを外さなければいけないのが欠点、 3時間程度で500GBのクローンHDができました。


歳末の電気屋さんは 混んでます。
*AMA*DA電機はレジに並ぶお客で30分以上待ちなので諦めて (この商品も無かった)
現金値引き の*-ズ*ンキ で待ち時間無し 5%引き で購入!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

Windows XP 73!

いやいや良いOSでした。
もうじきサポートが終了でその後には問題がおきやすい?!・・・・・・・。

とのことで3台は既にWIN7にアップグレード済みでした。
無線用のSUB-PCのみXPだったのを今日WIN7にアップグレードしました。
なぜWIN7と言われそうですが、手持ちのPCのハードがWIN8に追いついていません。

無線のロギングやMMTTY 程度でしたらハードのUPは不要です。
WIN7これからサポート中止まで使い続ける予定です。

  
WINDOWS XP TU!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

マザーボードの修理

1_2

先日、突然PCがドンと音がしてSTOP!
MBはBIOSTERのP4M900-M4を使用というか、多用しております。
左から2個の電解コンデンサーは1個は容量無し、もう一つは容量不足。
頭が膨らんでいます。


2
まず、コンデンサーを外すのが大変、私の手法は60Wの半田コテで温める。
小さいコテでは絶対ハンダが溶けません。

3
外したあと穴を開けるのに縫い針とハンダ吸い取りを使います。
この作業中々難しい、周辺のパターンを切らないように作業。

4

そして綿棒にベンジンをつけてプリント面をクリーニングします。
注意はハンダのヒゲです。 細いヒゲがあってショートすると 「1発でおシャカ」です。

そして注意深くチェック後PCに組み込むと無事動作開始。
このMBはスペアです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)