« FT4GL to QRT 18日 | トップページ | 夏至!! »

2024年6月18日 (火)

5D-FB について

5C-FB 関西電線製を200mほど使っております。
「同軸はFUJIKURAが良い!」とOM言われております。「銅の網線が本数などの品質が良い!」だそうです。
が・・・・ですよ。 値段が違います、OMの言うことも聞かなければとFUJIKURAは50MHZでは使っております。(笑)
HFは関西電線製で十分使えます。 多分6mでも同様でしょうね。

その5D-FBですが4回ほど不具合がありました。
1, Towerのローテータ付近で網線部分の切断、ローテータを回転させますから金属疲労です。
2, TX周辺で接触不良発生、コネクタのはんだ付け不良です、多分5D-FBには専用の圧着コネクタがあるんでしょうね!
 こちらはアマチュアですから5D-2V用のコネクタにはんだ付けです、この5D-FBの特徴の低損失設計でアース側には
 アルミ被覆がかけてあり5D-2Vのような銅網線が非常に少ない。 その少ない銅線にはんだ付けするもんですから
 ある日接触不良又は切断が起こる。
 私は少ない銅網線に0.3mmの銅板のベルトを巻いてはんだ付けしております。
 使ってる5D-FBのケーブルの総てをこれにしそれから事故はなくなりました。

Doujiki

3, 昨日起こった事故です80/160mに接続できなくなり原因を追究すると、同軸の芯線の破断です。
 芯線の破断の経験は初めて正直驚きました。 問題は芯線の作りです。
 5D-2Vは1.3mmの銅線、5D-FBは1.8mmの銅被覆アルミ線、これどちらが良いのでしょうか?
 コネクタから出た場所から5D-FBを曲げたのがいけなかったようで、銅被覆のアルミ線が破断したようです。
Shinsenn  

ぴんぼけ失礼

1,2,3からわかるように同軸の性格を良く判って使わないと事故が起こるといことでしょうね。

| |

« FT4GL to QRT 18日 | トップページ | 夏至!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FT4GL to QRT 18日 | トップページ | 夏至!! »