« 国勢調査終了 | トップページ | Low-BAND DX プレ・シーズン開幕 »

2020年9月22日 (火)

WSJT-XかJTDXか?

 CQ誌の付録で「FT8運用マニュアル 2020年最新版」 を見て。

FT8/FT4用ソフトウエアのJTDXの紹介が目を引きました。
私はWSJT-Xを使用中ですが、「デコードに差がある」との話なので試してみました。

結論はWSJT-X をこれからも続けるです。

双方同時に立ち上げて差を見ましたがデコード数が1個程度どちらかが良いことはありました。
まあ、ちょっと目ではあまり差は無。

しかし大きな差はデコードのスピードにあります。
WSJT-XはJTDXより、少し早くからDATAの表示が始まります。
なので、極端に書くとWSJT-XのDATAを確認し、クリック終了後にJTDXの表示が終わります。
ユーザーはここからクリックしますので、 WSJT-Xは30秒早く電波がでることになります。

これは大きな差です。JTDXの未来に大いに期待しますが、私は WSJT-Xを使います。

FT8の付録をつけるとCQ誌、完売になるそうです。

|

« 国勢調査終了 | トップページ | Low-BAND DX プレ・シーズン開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国勢調査終了 | トップページ | Low-BAND DX プレ・シーズン開幕 »