« 戌の満水 | トップページ | 夏枯れがやってきた! »

2020年8月 3日 (月)

新スプリアスとリニアアンプ

新スプリアス対策について信越総通に数回電話して、やっと理解することができました。

まず、平成17年12月1日が新スプリアス対策を総通が取った検査で対応の境目になります。

1.  平成17年12月1日以前に検査を受けられた方はJRADのスプリアス認定保証が必要になります。
( アマチュア無線用リニアアンプ スプリアス特性調査結果 )
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/material/ama/spurious.pdf
JARDスプリアス対応機器でもJARD認定が必要と思われます。
確認届書を出せば返答するとのことです。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/


2. 平成17年12月1日以降に検査を受けられた方は検査の機器が旧スプリアス機器であっても検査を行った機器ということであれば
JARDのスプリアス認定保証認定は不必要です。
私は平成19年1月30日の検査なのでTL-922もJARDのお世話にならずに使え、FTDX5000とVL-1000も対応機器ということでOK、
私の新スプリアス対応は終わりました。

総通に問い合わせ後にJARDに問い合わせすること!
私の認識違いもあるかもしれませんし、各総通での対応にも差があるかもしれないので参考としてご覧ください。

|

« 戌の満水 | トップページ | 夏枯れがやってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戌の満水 | トップページ | 夏枯れがやってきた! »