« FTDX5000MPとFT8 | トップページ | VP8PJ South Orkney Anchored offshore »

2020年2月20日 (木)

TL-922 トラブル

Tl922

  手間のかかるリニアです。
80m で運用中、「バチン!」と号砲一発!

バンドスイッチのプレート側でスパークで2つ端子が熔けました。
原因は不明ですが、1年に一回程度でここがスパークします。
寄生振動かもしれません・・・・・。

このロータリースイッチはJA1IIV  窪寺さんが頒布されていたスイッチです。
TL-922純正より性能UPした製品です.

使用されていない場所から端子を移動させることとなり、TL-922から外してばらして端子のカシメを取って交換。
VL-1000も良いリニアアンプですが 赤く光る3-500Zのヒーターを見ると「無線をやっている!」と満足感があるので止められません。
又。壊れてもなんとか修理できるのが球のアンプの良いところ、新スプリアス対策が難しそうな球のアンプ、なんとか使わせてくれませんかね! 期限ぎりぎりまで使う予定。

Tl3

 

|

« FTDX5000MPとFT8 | トップページ | VP8PJ South Orkney Anchored offshore »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FTDX5000MPとFT8 | トップページ | VP8PJ South Orkney Anchored offshore »