« 160m PY2IU | トップページ | SBAVMonL.DLLを開始中にエラー 表示で困惑が解決 »

2019年6月27日 (木)

IC706 修理(4)

IC-706 FMの送信音が悪い、モニターすると帯域が狭くピークで歪んでいるのでとても聞きにくい。
WEBで収集したサービス・マニュアルを見るとμPC5023GS-077-E1 でマイクロフォンからの音声を処理しているようだ。AMP COMP VOX を制御している、その後 IC-24 M5218PP-73A でリミッター・アンプに入る。
この辺で歪を生じているのだろうけれど、もう面倒なので、ECMマイクを使ったマイク・アンプ(LPF リミッター付)で 9.0115MHzのVCOに直接変調をかけた。 マイクはKENWODのハンドマイクを流用した。

これが思いのほか良い結果になり良い音で変調をかけることができた。

作業ミスで基盤のVRを間違えてキャリア・バランスを崩してしまったが最終で調整し元にもどすことができた。 目が悪くなってきているので誤作業には気を付けなければと思う。

G1

|

« 160m PY2IU | トップページ | SBAVMonL.DLLを開始中にエラー 表示で困惑が解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 160m PY2IU | トップページ | SBAVMonL.DLLを開始中にエラー 表示で困惑が解決 »