« ノイバラ開花 | トップページ | アンテナ調整用 DDS »

2019年5月27日 (月)

雷対策

P1010380

雷のシーズンがやってきました。
雷の情報は中部電力の雷情報メールに頼っております。

 

2010年8月の雷被害はFT-1021XがMAINのころ誘導雷が電源か侵入。
RIG本体へは侵入は免れましたがBAND-DATAを使っていたANTENNA-CHENGERのICが飛び。
LANを通じてPC、CATVのチューナーも故障しました。

画像はリニアアンプ用の200V電源のコモンモード・フイルタでのスパークの様子。

対策ですがバリスタでは無理だと思われます、RIGやAMPの周辺機器をすべてアースと電源から浮かせることです。


アンテナからの同軸ケーブル、ローテーター・コントロール・ケーブル等で17カ所の接続をはずします。
当然、100/200V AC電源はブレーカーで切断します。


最終的にRIGのアース端子とTOWERからのアースとの切断をテスターで確認します。

 

|

« ノイバラ開花 | トップページ | アンテナ調整用 DDS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノイバラ開花 | トップページ | アンテナ調整用 DDS »