« 給電端末にPreamplifier | トップページ | 111GB! WSJT-Xの記録 WAV-DATA »

2018年11月 6日 (火)

ハクビシン被害

 昨朝、ビバレージの出力が低い、今回増設したプリアンプを入れるとS9overのノイズ発生。
故障原因が解らないので様々チェックする、給電部を外してシャツクで動作チェックするが異常無。

給電部にダミーロードを付けてSWRをチェックするとSWRは1を示す。
同軸ケーブルには異常無しと判断した、同軸ケーブルのみの状態でプリアンプ用の電源を加重すると、ノイズ発生。 同軸ケーブルの絶縁をテスターで測るとオープンなのに60Ω!

これで気が付くのは ハクビシンが同軸ケーブルをかじる、又は切断する被害。
150mある同軸ケーブル、数十メーターごとに接続点があるので切り分けてハクビシンがかじった個所を見つけた。

設置した時は数センチ掘ってあったのですが土が流れて露出してました。
傷口を見ると最近ではなさそうで、かなり腐食が見られる。

今回、露出部をゼロにするべく同軸ケーブルを太目のホースに入れて埋設。

P1060840


|

« 給電端末にPreamplifier | トップページ | 111GB! WSJT-Xの記録 WAV-DATA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/74545387

この記事へのトラックバック一覧です: ハクビシン被害:

« 給電端末にPreamplifier | トップページ | 111GB! WSJT-Xの記録 WAV-DATA »