« 消毒 一回目 | トップページ | XR0YD 160m »

2018年3月 7日 (水)

Z68M とWSJT.Xのデコードファイル

11
 昨夜、Z68MのLOGサーチを見て驚く!
QSO-DATAよりLOGサーチが1QSO多い、それも15mBAND FT8,  BAND-NEW
JA局で8QSOと極めて少ない、しかしDATAが無いことにはどうしようもない。

FT8のQSOを終わった後、LOGの登録を行わなかったようだ、大いに反省。


様々検討する中でWSJT-Tでの運用が記録されているかも、と調べる。
コマンドにSAVE DECODEというのがあるが、残念ながら NONE としてありDATA無し。
常に記録してあればQSOが再生できたのに残念!
万事休す

ところがWSJT-Xフォルダーの下にSAVEというフォルダーがありWAVファイルがずらずらと並んでいる。
再生してみると当然デコードの内容は入っていない、仕方なくプロパティで登録日付時刻を見る。
どうもWSJT-Xを動作させるとデコード内容はないがファイルは作るようだ。
その中からプロパゲーションMAPの9時UTCに該当するファイルを見つけてLOGとマッチさせた。


WSJT-XもSAVE DECODEを開始させました。

|

« 消毒 一回目 | トップページ | XR0YD 160m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/73060249

この記事へのトラックバック一覧です: Z68M とWSJT.Xのデコードファイル:

« 消毒 一回目 | トップページ | XR0YD 160m »