« A25UK 20mRTTY | トップページ | 庭の旅 »

2017年5月 1日 (月)

管球式 マッキントッシュ・タイプ  イコライザー 

P1000905
 20年ほど前に製作したレコードMM用イコライザー・アンプのレストアをした。

山下達郎の FOR YOU  LP ( RAT-8801 ) が, 良く鳴りました。
大満足です。

P1000764
シャーシは使いました、まずは見た目からと塗装から入りました。
かなりのキズもあったのでサンドペーパーを使いキズを落としてブラックのスプレーで再塗装しました。 見た目って大事ですね、どんなに良い音が出てもジャンク状態では・・・・。


P1111
 真空管はUSSR製の12AX7が3本。

P1000768_2

レストア前の状態、空中配線ですな!  これでも当時は音が出ていたからビックリです。
RIAA用のマイカ・コンデンサーですが、静電容量を計測してビックリしました。
数十年すると±15%の誤差がでておりました。 経年変化ですね、今回はフイルム・コンデンサーとセラミック・コンデンサーをLCメーターで計測しながら再構築。


P1000908

前はメイン・アンプから電源をいただいたおりましたが無理があるので、電源を新設。
手持ちの電源トランスは某有名メーカーのテレコ用のトランスなので磁気シールドもほどこされた良いトランス。
久々の真空管アンプの工作でした。

ハム対策ですが、通電当初は当然「ブ~ン」状態でした。
12X7にシールドを被せる、電源トランスの0Vの接地法、電源SWへの配線のシールド線化でハムは消滅。
やノイズ対策も順調に対策できました大変楽しくできました。

|

« A25UK 20mRTTY | トップページ | 庭の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/70435177

この記事へのトラックバック一覧です: 管球式 マッキントッシュ・タイプ  イコライザー :

« A25UK 20mRTTY | トップページ | 庭の旅 »