« CY9C DXPEDITIN CFM! | トップページ | VK9NZ 160m »

2016年10月 1日 (土)

高級時計 オーディマ・ピゲの工房

久々に時計ネタ 


2003年、バーゼル・ワールドに行ったおり同行者がどこかの時計工房を見たいとの要望。 様々検討と問い合わせでオーディマ・ピゲの ル・ブラッシュの本社工房見学が許された。
(当時は日本の代理店経由で無く直接のオファーでの訪問OKであった。)


ベルンが拠点のツアーだったので 、ローザンヌからローカル線を乗り継いでル・ブラッシュ へ。 往復は電車で一日がかりであった。 フランスとの国境へ数キロのジュー渓谷の村にある工房へ向かいました。
2
 待っていたマイスターと仏・独語は分からないので翻訳のお嬢さん。
複雑時計(コンプリケーション・モデル)を製作する工房では数人の時計職人が作業をしておりました。
時計博物館では現在発売されているモデルの他に19世紀製のAP社製品が様々展示されていました。さすが,
千万円を大きく上回るようなクンプリケーションモデルなどをマイスターの皆さんが説明をしてくれた。


WEBで工房訪問の画像を見つけたので、ご紹介した。
http://www.asahi.com/ad/audemars/movie.html?ref=panel_01


5
グランド・コプリケーション・モデル 超複雑時計
スプリットセコンド・クロノグラフ  ミニッツレピューター(時刻を音で知らせる) パーペチュアル・カレンダー(閏年も表示する完全カレンダー)  ムーンフェイズ(月齢表示) もちろんメカニカルウオッチ

3


4


1
これを書いた後、グーグル ストリート・ビューで ル・ブラッシュへ行ってみた。 なつかしいー 

|

« CY9C DXPEDITIN CFM! | トップページ | VK9NZ 160m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/67742634

この記事へのトラックバック一覧です: 高級時計 オーディマ・ピゲの工房:

« CY9C DXPEDITIN CFM! | トップページ | VK9NZ 160m »