« ビバレージの敷設 (3) | トップページ | ブーベ島 3Y0Z 2018 ペディション »

2016年10月24日 (月)

ビバレージの敷設(4)

ビバレージ・アンテナの終端抵抗を調整しました。
給電点からBACK側に300m程離れた田んぼの土手に4m長のヘリカル・アンテナとMini-Txを置きます。
終端抵抗の代わりに1KΩのVRを入れて各抵抗値の電界強度を測ります。
FT-DX5000MPのSメーターと430MHzの受信音をPCで録画します。
そして終端点で抵抗値を変えながら抵抗値をハンディで読み上げます。
今回はF/B比の最良が600Ωと設計値と同じと教科書的な数値になりました。
2013年は300Ωが最良抵抗値でした、終端点・給電点双方の接地抵抗の違いがでるためと思われる。
ちょっと手をかけるとF/B比を最大にセットできます、この数デシベルが勝負の分かれ目?!

抵抗値
∞(OPEN) 9 over8db →(双方向ビーム状態)

0Ω     9 over8db
100Ω   9 over5db
200Ω   9 over3db
300Ω   9
400Ω   8
500Ω   7
600Ω   6.5
700Ω   6.6
800Ω   7
900Ω   7.2
1KΩ    8

|

« ビバレージの敷設 (3) | トップページ | ブーベ島 3Y0Z 2018 ペディション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/68095002

この記事へのトラックバック一覧です: ビバレージの敷設(4):

« ビバレージの敷設 (3) | トップページ | ブーベ島 3Y0Z 2018 ペディション »