« AKIBA as HONGKONG ! | トップページ | リニアアンプの整備 »

2016年8月 2日 (火)

アマチュア局のスプリアス規制

  昨日、長野市に用事があったので固定局の再免許申請書提出に合わせて信越総合通信局に行ってきました。 その折に雑談的に200Wを超える固定局スプリアス規制への対応について様々お聞きしてまいりました。
結論的に書きますとプロは法律通りですが「アマチュア局への対応はまだ決まっていない」とのことでした。プロと同じ対応だと御上も我々も膨大な対応が必要ですのでアマチュア局は簡単に済めばよいのですが。


追記
アマチュア局の無線設備の保証
8/1 JARD プレスリリース 冒頭より
総務省公示「アマチュア局の無線設備の保証要領」の一部が改正 され、保証の対象として、スプリアスの確認に係る保証(以下「スプリアス確認保証」 という。)が追加されました。 このスプリアス確認保証は、総務省が公表した新スプリアス規格への確認手続きに加え て、アマチュア局用に新たに制度化されたものです。 詳細はJARD HP へどうぞ

以降、信越通信局へ出向き FT-DX5000MPにエキサイター交換で私の固定局でのスプリアス対策は解決しました。 http://susuwatari.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-e93c.html

続いて移動局もやらなければいけません。

|

« AKIBA as HONGKONG ! | トップページ | リニアアンプの整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/66799534

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア局のスプリアス規制:

« AKIBA as HONGKONG ! | トップページ | リニアアンプの整備 »