« コモロスミレ 開花! | トップページ | VP8STI and VP8SGI have a plan to work Japan »

2015年5月 8日 (金)

受信用アンテナ SALの実験

P1070746_2

 受信用アンテナとしてSAL-20 SAL-30 というループ・アンテナがあります。
周波数はLOW-BANDからHIGH-BANDまで良い結果があるようです。
ユーチューブでも公開されかなり切れるビームのようです。
私は冬場はEU向けのビバレージを設置しますが方向が一方向だけに限られ、期間も五ヶ月ほどと限られます。
そこで、今スポットが当たってる SALを実験してみました。
このアンテナはHPの中でかなりの情報を公開され特許も得られています。
http://www.arraysolutions.com/Products/sal_array.htm

性能が良ければ購入するのですがプライスが高く 年金生活者には、とても手が届きません。

技術的興味でSAL-20をベースに実験を開始しました。
スペースの問題で4面の設置は無理なので2面で!
実際には同じポールで90度ずらせてピラミッドのような構造です。

2


まずはMMANAでシュミレーション・・・・。
1

うーんけっこう良いパターンが出た、但し現状は送信アンテナの近く、家の横に設置したので構造物等の影響もあると思われる。

SAL-30は大きすぎるのでSAL-20のサイズで家のサイドに仮設。

Ccf20150508_00000_2
トロイダル・コア活用百科 山村英穂著より引用

 コンバイナ ( Phase splitter 位相分配器 )
動作はインピーダンスを整合させた状態で左側から入力させると
右側に 0度 と 180度の位相で同じ電圧で出力される。
可逆性があり、同位相・同じ電圧で入力すると打ち消され左側には出力は出てこない。
この現象を利用するとBACKからの信号をSTOPさせることができる。


2本のループ・アンテナからの信号をフロント側ループには数メーターのディレイ同軸ケーブルが挿入されている。
2つのループに誘起された電波はフロント側に数メーター挿入されたディレイ同軸を経てコンバイナへ
バック側はそのままコンバイナへ入力。

まずは コンバイナ を作って実験開始した。

TEST
① うーん BC帯で ビックリするほどFB比がでない およそ6db
  これでは実用にならない、建物の影響か・・・・・。

実験は続く


| |

« コモロスミレ 開花! | トップページ | VP8STI and VP8SGI have a plan to work Japan »

コメント

その後の実験に大変興味があります。

投稿: SUSUMU HASHIMOTO | 2020年11月17日 (火) 08時58分

コメントありがとうございます。 近日中に実験中の内容を書きます。

投稿: JA0CRI | 2020年11月17日 (火) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受信用アンテナ SALの実験:

« コモロスミレ 開花! | トップページ | VP8STI and VP8SGI have a plan to work Japan »