« 開局50周年を迎えます! | トップページ | Poor Man's Liner Amplifiear TL-922 ( 2 ) 電源強化 »

2015年1月13日 (火)

Poor Man's Liner Amplifiear TL-922 ( 1 )

1

一昨日朝、160mで送信時に「 バチッ 」と爆発音と共に送信不能となった。
さっそく予備機に切り替えて運用。

 壊れたTL-922、 普通の故障はテスターで電圧を測りながらが調べますが 高電圧なのでそれができません。中々、故障箇所が見つからずあちこち分解してやっと見つけたのが  RFC の焼損。
0.3mm のエナメル線が溶けていました。
瞬間的に大きな電流が流れて一番弱いRFC で溶けたようです。
原因は寄生振動と考えるのが妥当でしょうが、2AのFUSE をRFCの前に挿入してみました。
これで異常があっても FUSE が先に切れると思います。
2

後日談
2015 10月
この予備機をRF部の球を抜いてMAIN機の並列電源として動作中、画像のRFCとセーフティ用のアースバネとの間で放電。 間隔が狭かったようです。


|

« 開局50周年を迎えます! | トップページ | Poor Man's Liner Amplifiear TL-922 ( 2 ) 電源強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Poor Man's Liner Amplifiear TL-922 ( 1 ):

« 開局50周年を迎えます! | トップページ | Poor Man's Liner Amplifiear TL-922 ( 2 ) 電源強化 »