« 「トコトンやさしい 無線通信の本」  と「漂游金属」 | トップページ | シャント・フィード アンテナ (2) »

2014年1月20日 (月)

シャントフィードの再実験 (1)

 スローパーの飛びの限界を感じています。
そこで以前実験したシャント・フィードを再実験してみます。

前回の実験でスローパーとシャント・フィードを同時に上げておくことは干渉で無理とわかっております。
そこで、簡単に切り替えられる手立てを考えて飛びの違いを実験します。

前回はどちらも差を感じなかったのですが、どんな結果になるでしょうか。
以前との違いはアースの強化が進んだことです、シャント・フィードにとっては重要なファクターと思われます。


今日は25mTOWERの20m位置から幅2cmの銅網線をたらしマッチングはバリコンを使い、調整は引き下げた網線とTOWERから距離で行う。
今日は調整用バリコンで約200PFの数値が出た。
この数値にあわせてバキュームバリコンを使用したマッチングボックスを製作する。

さあ、スローパーを超えられるでしょうか・・・・・・・!?

|

« 「トコトンやさしい 無線通信の本」  と「漂游金属」 | トップページ | シャント・フィード アンテナ (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャントフィードの再実験 (1):

« 「トコトンやさしい 無線通信の本」  と「漂游金属」 | トップページ | シャント・フィード アンテナ (2) »