« 大刀が抜けない! HD2A on 160m | トップページ | HD2A 160m wkd! »

2013年3月29日 (金)

銀メッキをクリーニング

1

電子回路の師匠が古いテクトロの基板から部品取りをしていた。
基板の上にタイト・バリコンを発見! 位相調整にでも使うんでしょう。
右はスプリット・ステーター これは珍品。

さっそく頂いてきてクリーニング作業開始。
画像で解るが銀メッキ製、生産から40年は経過しているので銀は酸化して真っ黒。
そこで、クリーニング。
① パーツを小さなガラス容器にいれ重曹をたっぷり振り掛け熱湯を注す。
  ジュワーっと泡がでて、黒い銀が少しキレイになる。
② 40年の月日は重曹程度ではキレイにならない、前回はホーミング・クレンザーを歯ブラシにつけて
  ごしごし磨く、研磨材なのでとてもキレイになった。
  
③ 今回は歯ブラシは止めて超音波洗浄機をつかった、メガネの洗浄に使うような一般に小売されているものです。  
   クレンザーを多めに水で溶いて洗浄液として洗浄する、タイマーで5分で切れるのを10回繰り返す。


新品のような輝きで40年前のパーツと思えない。

|

« 大刀が抜けない! HD2A on 160m | トップページ | HD2A 160m wkd! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/51008534

この記事へのトラックバック一覧です: 銀メッキをクリーニング:

« 大刀が抜けない! HD2A on 160m | トップページ | HD2A 160m wkd! »