« NH8S (6) 80mCW | トップページ | E51M QSL 未着とアース延伸 »

2012年9月11日 (火)

NH8S (7)  電話に誘導雷被害 と複合プリンターの盲点

P1010449

ようやく160mに出てきました、予告どうりですが凄いスタティク・ノイズです。
上田アマチュア無線クラブのミーティングから9時過ぎ帰宅、さっそくワッチしました。
信号が上がってノイズより上がったのを見てコールしてゲット!
それにしてのコールするJAが少なくパイルが小さい80mも同様、N8Sで皆さん済んでいるせいか。

先日増設した受信用ループアンテナのテストをしました。
後日まとめて内容を公表します。

これで残りは,6mと30m以外のRTTYです。

お昼に突然の雷と強雨、ピカッと光り2箇所から 「バチッ」 「ドン!」 と異音。
同時に電源の漏電ブレーカーが落ち照明が落ちた、後から分かったのだがブラザー複合プリンターの通信ボックスの電源アダプターが被災。 通信ボックスはプリンター本体とは無線で繋がっております。
このアダプター5V 1.5Aとあるので手持ちの5V用電源を接続し動作。

雷音に即シャックに駆けつけアンテナ・電源を外したので無線関係は事なきを得た。

後日、秋葉原で5V 2Aのアダプターを500円で購入、これで気がついたのが電話はオマケのようなブラザーの複合プリンター (MFC-J850WN)。 
電話回線は通信ボックスに接続します。そこから無線LANでプリンターと2台の電話子機接続します。
通常は非常に満足の機器ですが、災害等で電源が喪失すると着信音すら鳴りません、誠に便利なのですが盲点です、気がついてよかったです。

捨てようと思っていた普通の電話機をバックアップに非常用品置き場に1台入れておきます。


|

« NH8S (6) 80mCW | トップページ | E51M QSL 未着とアース延伸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/47039326

この記事へのトラックバック一覧です: NH8S (7)  電話に誘導雷被害 と複合プリンターの盲点:

« NH8S (6) 80mCW | トップページ | E51M QSL 未着とアース延伸 »