« VK0TH 10m BAND Macquarie Island | トップページ | A92IO 160m »

2011年12月11日 (日)

75/80m用ループアンテナ 備忘録

作りかけている75/80m用ループアンテナの製作が終わり、地上3mほどに仮設した。

仕様
1.  周波数  75m 80m受信用アンテナ
2. 出力インピーダンス 50Ω
3.  サイズ 0.85m×4(辺) ×2ターン ループ
4.  1次側 直列共振
5.  カーボニナル系コアのT80-2を使ったマッチング・トランス

調整法
1. まず 一次側のループとバリコンの状態でMFJ-259Bを使い共振周波数を3795 に合わせ      インピーダンスを計測する、今回は9Ω。
2. T80-2に9Ωの3倍、21Ωほどになるよう0.8mmのエナメルワイヤーを巻く。( 6t )
3. 0.4mmのエナメル線を ( 50/9×1次側巻き数 )分巻く。
4. 2次側に直列にコンデンサー(250p)をいれMFJ-259BでSWRを下げるよう巻数とバリコン
 を調整。 SWRは悪くても1.5
5. リレーを使い同調用コンデンサーを切り替えて75/80mBANDを切り替え。 

地上高3mほどの仮設し、朝テストして見ましたが良くありません。
送信はスローパーなのですが、ループではDXの信号は聞こえてきません。
送信アンテナからなるべく離したほうが良いとのレポートがあり、15mほど離れた場所に設置した、その地上高(3m)が足りないのか?
実用状態の160mループアンテナはTOWER途中の約20mにあがっているから使えるのか?
以前も成果が上がらかったループアンテナですが

結果
 先日から製作の75/80mループアンテナは失敗に終わりました。
どうも一辺が85cmと小さすぎて感度が上がりません、サイズを変えて再挑戦の予定。
12/13

追記 
マッチングトランス(T80-2)の設計を間違えたようだ、#48のコアでの製作が必要。

| |

« VK0TH 10m BAND Macquarie Island | トップページ | A92IO 160m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 75/80m用ループアンテナ 備忘録:

« VK0TH 10m BAND Macquarie Island | トップページ | A92IO 160m »