« バリアブル・インダクタ | トップページ | TS-830Sの筐体の再塗装 »

2010年11月30日 (火)

暇人ランキング~ と TS-830S

1 ZL8XはそろそろCQを連発し始めましたネ! EUやWはまだ呼んでますがJAのお客さんはもう呼んでません.  そのなかでもレアなのがRTTY、昨日24MHz,7MHz、今日午後28MHzとRTTYのQSOをし、6mはアンテナが無いので現在のアンテナで可能性が有るのは3.5MHzのRTTYが残るだけになり23QSOとなった。

昨日はTS830Sの整備をしました。
1980年代に購入、大分楽しみました。 この数年はレストアしながらFT-1021Xのサブ・リグとして使用しておりました。
1年ほど前、ヤフオクでTS-830Vをバックアップ・パーツとして入手、100Wへの改造パーツも入手し100WにQROしておりました。 
電源を入れチェックを開始と同時にFAINALの6146BのIPがラッシュ! バイアス電圧を見ると0V、これでは流れますわな! 原因はバイアス回路の1個のトランジスタが昇天。
交換するとバイアスが掛かるようになり60mAにアイドリングを設定。
ところが、6146Bのプレート電圧が最初は800V程度はあるのだが送信状態にしすると10秒程で400Vまで落ちる。様々チェックすると倍電圧整流回路の500V 100μFブロック・コンデンサの容量抜けが判明。 

|

« バリアブル・インダクタ | トップページ | TS-830Sの筐体の再塗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/37902061

この記事へのトラックバック一覧です: 暇人ランキング~ と TS-830S:

« バリアブル・インダクタ | トップページ | TS-830Sの筐体の再塗装 »