« ホームセンター巡り | トップページ | 主戦闘機が返ってきた »

2010年9月10日 (金)

主戦闘機修理の状況

 WDXCから連絡があり、FT-1021Xの修理が上がってくる様子。
ATT回路の焼損と18/21MHzのPLLの動作不良、各バンドの感度が規格ギリギリで改修とのこと。 こんな時代物のリグを直してくれるYAESUに感謝!

チップ部品でなければなんとか修理する気になるのですが・・・・・・・・・・。

ATTの焼損は160mでの運用での事故です。 スタンバイ回路のリレーがバタついた時に逝ってしまいました。ラッキーなことに0dbの回路が生きていたので修理まで運用できていたのですが、シーズンがもう始まるのでスタンバイディレイ回路とATTを外付けする予定です。
感度低下は自覚症状はありませんでした。
メンテナンスに出した価値がありました、気にっているリグなので新主戦闘機を導入しても最後の最後まで使いたいと思っております。

|

« ホームセンター巡り | トップページ | 主戦闘機が返ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/36649245

この記事へのトラックバック一覧です: 主戦闘機修理の状況:

« ホームセンター巡り | トップページ | 主戦闘機が返ってきた »