« 主戦闘機修理の状況 | トップページ | シャックの整理 »

2010年9月12日 (日)

主戦闘機が返ってきた

P1010221  今日、WDXCに出していた主戦闘機(FT-1021X)が返ってきて不具合は全部直ってきたと思われる。
今回の修理で問題のATTの焼損問題の対策にスタンバディレー回路を製作。
160mはループアンテナとビバレージの2本のアンテナを切り替えております。 受信用ループアンテナでは一次側は送信時に1KVのコンデンサーがパンクする程の高圧になります。 当然受信アンテナ入力にはかなりの電圧が生じております。
タイミングを間違えるとRIGの受信部に高圧がかかり今回のようにATTを焼損します。 

本当はPICを使用したいのですが勉強不足で出来ないのでディスクリートで組みました。

|

« 主戦闘機修理の状況 | トップページ | シャックの整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/36697134

この記事へのトラックバック一覧です: 主戦闘機が返ってきた:

« 主戦闘機修理の状況 | トップページ | シャックの整理 »