« CQ誌記事 「HF帯垂直アンテナ用接地システムの実験」 | トップページ | まさか! »

2010年8月21日 (土)

ハムフェア

なんと関越道が途中で通行止め迂回で高速バスは1時間以上遅延。

会場についてフィールドチェックに向かうと「お昼休憩中!」 まあ仕方ないかと3時からの予約を取りチェックを受ける。 なんと数ヶ所の誤記(30mBANDと10MHzの取り違い)で大いに反省。 1枚問題点があったQSLも無事通過!! これで160mは121に成る予定と18MHzのDXCCを申請。

3時まで待つ間にTS-590をチェックに行くと「黒山の人」と思ったのですが、それほどでもなく実機をチェック、第一印象は「チッチェーな!」 40mで記念局の信号をワッチするも、格別印象無し。  10月発売とのことですのでどなたかの真剣なインプレッション報告を待ちましょう。

休憩所で知らない方とJARLの話題に及ぶ、「危機感」を皆が共有しているのを感じました。
この時こそ共に「革命」の時代がやってきた、それも過激で無く緩やかな革命を!
未来の仲間達のために!

|

« CQ誌記事 「HF帯垂直アンテナ用接地システムの実験」 | トップページ | まさか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/36290526

この記事へのトラックバック一覧です: ハムフェア:

« CQ誌記事 「HF帯垂直アンテナ用接地システムの実験」 | トップページ | まさか! »