« 同軸用アダプター の不具合 | トップページ | ブリーベリー狩りに »

2010年7月21日 (水)

TL-922 チューンアップ

P1010201 P1010209 P1010215 P1010194 夕方は、孫をつれてプール通いです。
もうじき4才になりますが、様々な浮き具を着けて「キャッキャ」と騒ぎながらの2時間です。

そんな今朝は5時に起床、5Vが14MHzで出ていますがヨーロッパの壁は越えられず。
レアな局も無いのでイスで うつらうつら そこにXT2EME BUNKIN FASO がエリア指定をしている ゼロ になりコール開始 CRS?と返ってきた よくシアラー?と帰ってくるがインディアがシアラーときこえるのでしょうか EUの局だと チャーリー ロバート イッタリー のほうがピックアップされやすいようだ。

TL-922のチューンアップは冷却の強化を図った。
空気の流れが良くなるよう、PV管MV管のアタッチメントを流用し10cm浮かせて、裏フタに 山洋8cmのファンを100V用を2個シリーズにしてスイッチをいれ増設した。
一つはRF部、一つは電源部の下。
増設してわかったのは電源部の通気は本体付属のファンでは殆んど通気が無く自然通気だったようだ、電源部それもトランスを冷やすことができそうなので満足。

弱点は轟音!でスイッチを入れると気分だけヘンリー! とてもSSBには使えません。

先日の接触不良修理で不安のあったTL-922のアンテナ切り替え用リレーですが、今回交換しました。
このタイプは常に接触不良の可能性があるようです、前回は接点磨きだけで済ませておりましたが時間もありましたので交換作業をしました。
取り付けはシャーシーに直付けなのですがネジで取り付けず、配線で浮かせてあります。交換により動作音も小さくなった気がします。 

|

« 同軸用アダプター の不具合 | トップページ | ブリーベリー狩りに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TL-922 チューンアップ:

« 同軸用アダプター の不具合 | トップページ | ブリーベリー狩りに »