« ブリーベリー狩りに | トップページ | JA0-DX-GANG 暑気払い »

2010年7月24日 (土)

ガリオームの修復

P1010004  古いRIGやオーディオ装置で一番気になるのがガリオーム
音量を上げる途中、「ガリッ」となるのが通称ガリオームです。
VR本体を交換するのが最良の策ですが、周辺の配線の取り外しや再配線で時間を食います。
そこで登場するのが「接点復活剤」ですが、一部復活剤には酸性の成分が含まれて後にサビる可能性がありVRを壊してしまいます。

そこで私が使っているのがCRC 5-56です。 配線側から内部に軽く噴射します。 5-56の主成分は油でVRの抵抗部分のヨゴレが取れてガリが直ります。
よほどのガリでない限り修理完了です。

今朝のオンエアでRTTYのDXCC 101e WKDとなった、あとは10mDXCCが残っているが聞こえてこない。 今日はJA0-DX-GANGのメンバーのセカンドシャックでBBQ暑気払いです。
ビールを飲みながらDX談義でお泊りです。

|

« ブリーベリー狩りに | トップページ | JA0-DX-GANG 暑気払い »

コメント

ガリオームにCRC。
目からウロコです。
とても助かりました。
ありがとうございました。

投稿: 岡野 昭雄 | 2011年3月27日 (日) 09時49分

コメントありがとうございます。
ボリュームも使われる機器が少なくなり、良い部品が少なくなりました。
買占めをせねば!

投稿: JAφCRI | 2011年3月27日 (日) 12時04分

助かったです。ありがとう
みんな、知ってるのかな?
感謝♪

投稿: pon | 2014年12月 4日 (木) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/35874540

この記事へのトラックバック一覧です: ガリオームの修復:

« ブリーベリー狩りに | トップページ | JA0-DX-GANG 暑気払い »