« TATSURO YAMASHITA Performance 2010 | トップページ | Automatic Anttena Slecter »

2010年4月 2日 (金)

UTC電波時計

P1010185 UTC電波時計は残念ながら発売されておりません。
本当はデジタル式がベストなんですが、今回裏わざで製作しました。
簡単に説明すると「短針の位置だけ修正するだけ!」です。
まず、絶対にしてはいけないことは最初電池を入れないことです。
電波時計は通常12時の初期状態で出荷されております。
そこで分解します、ケース・ガラスを外します。
そして全部の針を外します。 ここで短針だけを時計に付いた状態で無理やり動かして合せようとすると、機械内部のギアが壊れますので必ず全部の針を外します)

1 まず、秒針をラジオ・ペンチで軽くはさんで上に引っぱって外します。
次に長針、短針の順番で充分に注意しながらはずします
針はアルミで作られておりますので取り扱い注意です。

つぎは、針付けです。
短針を3時に置き、上から押さえて取り付けます。この時長針を廻すプラスチックの軸を傷つけないようセットします。
つけて取り付けます。

3 

次に秒針を60秒に置き軽く押し込みます。
針の水平も必ずチェックです、針の曲がりに注意です。
針と針が接触すると故障します。

これで針が付いたのでガラス、ケースを取り付けます。

P1010200_2 針状態をチェックし電池を入れます。
電波の状態にもよりますが、30分もすればUTCを表示する
便利な電波時計が登場です。

私は時計屋ですから簡単にできましたが、失敗すると時計を破壊します、お気を付けください。
時計屋さんに依頼するのも良い方法です。

|

« TATSURO YAMASHITA Performance 2010 | トップページ | Automatic Anttena Slecter »

コメント

UTCを表示できる、あるいは正確に任意の時を刻む電波時計をずっと待っていますが出てきませんね。そのようなの時の需要に、こころを砕いてくれる、そのお気持ちをありがたく感じました。

わたしには時計の針をさわる勇気がありませんが、正確に遅れる時計ばかりをさがしてきたので、はたと膝を打つアイデアでした。happy01

投稿: 目から鱗 | 2013年9月28日 (土) 15時20分

コメントありがとうございます。

針はちょっと気を使っていただけば作業はむずかしくありません。
めんどうでしたら、近くの時計屋さんに依頼すれば良いですね!、

投稿: JA0CRI | 2013年9月28日 (土) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/34038250

この記事へのトラックバック一覧です: UTC電波時計:

« TATSURO YAMASHITA Performance 2010 | トップページ | Automatic Anttena Slecter »