« カメラファンとアマチュア無線 | トップページ | 5K0T »

2008年11月25日 (火)

アッテネータの改造

P1010020_2 P1010014_2

10年以上前に入手してあったRF用ATT(75Ω用)を50Ω用に改造しました。

元の抵抗器は386.75Ωというような特殊抵抗を使用してありました。 20才代始めに上田日本無線に勤務しておりその折、10dbのロータリーATTを組み立てたのを思い出しました。 それはアルミをくり貫いた円柱ボディにアルミのロータが入り回転し1000MHzまでOKな規格であったと記憶しております。

今回は、5ポジションしかないので 1 2 3 6 12dbのステップに決めました。データ数値ピッタリの抵抗器はないので 組み合わせてDMMで計測しながら組み立てしました。 アンテナの計測には欠かせない測定器が一つできあがりました。

25日のDX

1207Z 5K0T 7MHz CW

今朝は5時に起床して3.8MHzを聞くとAQCさんのコントロールでTFとJAが盛んにQSO中。 残念ながら 聞こえず・・・・ スローパーでは限界、とズッとワッチ。 

|

« カメラファンとアマチュア無線 | トップページ | 5K0T »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/25635487

この記事へのトラックバック一覧です: アッテネータの改造:

« カメラファンとアマチュア無線 | トップページ | 5K0T »