« KYOCERA 高精度水晶発振器 18S-03A-4 12.8MHz | トップページ | FT-1021X 帰還! »

2008年10月10日 (金)

VK9DWX Willis Start!

VK9DWXがスタートしました。 7MHzのCWで強力な電波を送ってきております。 EUやWから強烈に呼ばれております。 私は予備機のTS-830SをセットしQSOを済ませました。 14MHzのFhoneで出るようですがビームのサイドでしょうか全く入感度なしです。

今日はWDXCから先月23日に送って17日、やっとFT-1021Xの修理見積もりがでました。 EXP SP端子の取り付け不良によるオーディオ出力不安定。 LPT UNIT アンテナ切り替えリレー劣化による交換。 合計 19,572円。 この程度の金額は覚悟していましたので、さっそく見積もりOKのFAXをいたしました。 TS-830Sの時代のリグですと修理をする気になりますが、チップ素子がズラリならんだリグはとても修理なんてできません。 私にすればめずらしく無改造リグです。 WW FHONE までに帰ってこいよ!(無理だろうな)

|

« KYOCERA 高精度水晶発振器 18S-03A-4 12.8MHz | トップページ | FT-1021X 帰還! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/24415807

この記事へのトラックバック一覧です: VK9DWX Willis Start!:

« KYOCERA 高精度水晶発振器 18S-03A-4 12.8MHz | トップページ | FT-1021X 帰還! »