« 機械式時計の修理技術 | トップページ | VK9DWX Willis (Ⅳ) »

2008年10月22日 (水)

T33ZZ OP.JA8BMK

JA8BMKさんT33ZZを精力的にオンエアされています。 いつ寝ているんでしょうね!

昨晩は7MHzのRTTYに出ているのを見つけて呼ぼうと思ったら「 QSY QSY 1821 1821 」とインフォメーションがあり、さっそくQSYしたもののスローパーではノイズに埋もれて聞こえず、75 80m用アンテナをマッチング取った2面の160m用アンテナを切り替えて受信。

次々とQSOするJAの局は聞こえるのですがT33ZZはノイズレベルと同じ339程度、QSBの山が訪れた瞬間を狙ってコールしてコールバック。 出来た原因はRTTYでQSY情報を得られたのと受信用アンテナ。

今日は仕事の合間を見ながらワッチし、VK9DWXの28M 24M のRTTYをゲットして 22QSOとなった。 残りは40m RTTY。

|

« 機械式時計の修理技術 | トップページ | VK9DWX Willis (Ⅳ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/24678323

この記事へのトラックバック一覧です: T33ZZ OP.JA8BMK:

« 機械式時計の修理技術 | トップページ | VK9DWX Willis (Ⅳ) »