« アンテナのメンテナンス(1) | トップページ | 杓子定規とグーグル »

2007年10月 3日 (水)

TOOL for Watch & Amateur Radio(5)

P1010271 久々に時計修理用測定器を紹介します! これは腕時計の何を測定する機器でしょうか? 画像をクリックすればバレてしまいますが、想像力を膨らませてください。

ヒント!

1. 本体右側のメーターには 0 1 2 3 4 5 と目盛りがついています。

2. 本体と横のプラスチックケースとはACコードと黄色のチューブで接続されています。

3. 真ん中ドアを開けて時計をセットし、測定します。

4. 右のメーターの単位は kgt/cm2  と表示があります!

答えは

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答え!

皆さんは時計に水や汗を入れてしまったことはありませんか?

これは腕時計用防水試験器です。 3気圧 (日用生活防水) か 0.5気圧(防汗性)の防水度を水中に入れずに測定できます。 密閉された容器に腕時計をセットし、3気圧又は0.5気圧を(右側のボックスが小型コンプレッサーです) 注入して時計ガラスのたわみをセンサーで検知します。 防水性が悪ければ圧力を持った空気が時計の中に侵入しタンク内の圧力と時計内部の圧力が同じになります。それを検知するわけです。時計の防水はガラス・リュウズパッキン・裏蓋パッキン等でおこなわれます。 特に重要なのは数ヶ所使用されているパッキンです。 電池交換の折にはチェックしてもらうと良いですね! 電池交換には高い技術が要求されます。 ただ安いだけの○○○センター等でされずに 時計店へどうぞ!

|

« アンテナのメンテナンス(1) | トップページ | 杓子定規とグーグル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/8216466

この記事へのトラックバック一覧です: TOOL for Watch & Amateur Radio(5):

« アンテナのメンテナンス(1) | トップページ | 杓子定規とグーグル »