« 匠の時計修理士2級 認定証授与式 | トップページ | クオーツテスター (コマーシャル!) »

2006年12月 9日 (土)

Logger32

Koco1  Logger32というロギングソフトは夢のようなフリーウエアです。

私はFT-1021X (FT-1000仕様)にYAESUのIF-232C VANというインターフェースを使用して運用しております。ロギングソフトの醍醐味といえば、リグコントロールとクラスターと連動したログ管理です。

Telenetでクラスターに接続し、クラスターよりDXがアンウンスがされ、 New country Need for cwなどと画面に表示され、必要とあればスピーカーからコールサインがCWでアンウンスされます。

画面をクリックするとリグに情報が送られ周波数・モード等がセットされてリグで交信が即可能になり、QSOが成立すると Enterキー でログに即インプット!

一昨日、そのインターフェースに故障が発生!!、FT-1021Xへの通信が一方通行になってしまったのです。電子回路の師匠に回路チェックを要請。 IF-232C VANの動作に異常が無いことを確認してもらいました。5月にケーブル不良があったので再びケーブルをチェックすると、接触不良を発見 IF-232C VAN のコネクタに化学変化(画像)の箇所がありました。

K.M師匠ありがとうございました!

|

« 匠の時計修理士2級 認定証授与式 | トップページ | クオーツテスター (コマーシャル!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/4479649

この記事へのトラックバック一覧です: Logger32:

« 匠の時計修理士2級 認定証授与式 | トップページ | クオーツテスター (コマーシャル!) »