« スイスの鉄道(3) | トップページ | SEIKO WORLD TIME »

2006年4月18日 (火)

雷電(1)

P1010469  「雷電本紀」 らいでんほんぎ と読みます。

飯嶋和一著 河出書房刊 800円 Amazon.co.jp

生涯勝率9割6分2厘と伝えられておる力士 雷電為右衛門は私の家の200m程北に上った場所で生まれました。

もちろん地元の英雄です!

雷電本紀は雷電が書き残した「業務日誌」を基に書かれた小説です。

雷電は、明和4年(1767)に、信濃国小県郡大石村の関半右衛門家に生まれ、幼名は太郎吉です。

私の地元である大石には太郎吉の数々の伝説が語り継がれております。

生家は「力士雷電生家」として公開されております。

|

« スイスの鉄道(3) | トップページ | SEIKO WORLD TIME »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83613/1446941

この記事へのトラックバック一覧です: 雷電(1):

« スイスの鉄道(3) | トップページ | SEIKO WORLD TIME »